代表者ごあいさつ

日本の旅館ホテルの再生を願って

丸京ホームページをご覧くださり誠にありがとうございます。
 私が嫁ぎました当家は、地域屈指の旧家であり、先祖の一人は二宮尊徳先生の愛弟子で、その他政界や商業界に多くを輩出してきました名門でした。
 
 昭和35年、来たる東京オリンピック開催に先駆けて、100名収容の中規模旅館から250名以上収容する団体向け温泉ホテルに建替え、東京に集まるオリンピック観戦者を対象に集客しようと、大胆に設備投資をしました。しかし目論みははずれ、お客様が全くと言ってよいほど来ていただけませんでした。追い討ちをかけるように、国会でも取り上げられ書籍化と映画化された「税理士と国税との対立(飯塚事件)」に巻き込まれ、厳しい税務調査を受け、運転資金の多くを失いました。それまでは無借金経営でしたが、銀行から多額の融資を受けるようになってしまいました。
 その頃の義夫は故郷を離れ、大学を卒業後、大手企業でサラリーマン生活を送っておりましたが、苦境にある実家を捨てきれず旅館に戻り家業に専念しました。
 旅館以外に、売店・ドライブイン・レストラン・料理店・燃料商・運送業・山林業・不動産業などを手掛け、それぞれ伯父や伯母が一生懸命頑張っていました。
 
 仕事の手始めとして金融関係を詳しく調査するためにまず取引銀行に通い始めました。そこで、厳しい要求をされたようです。旅館の建物や土地は当然ですが、ほかの所有不動産や伯父が伯母が所有する不動産に根抵当権の設定と遊休不動産の売却を迫られ、借入金の返済を要求されました。しかし、旅館以外は健全経営で借金などはありません。伯父や伯母にとっていい迷惑でしたでしょう。
 義父はほぼ毎日銀行に通い、時には支店長と担当者の方と銀行本部に直談判にも行ったようです。返済の猶予、金利の減免交渉、など若干二十代の小僧が体当たりでぶつかって行きました。
 
 銀行から信用を得る努力と共に、団体客から個人客グループ客への客層の転換を図ったようです。資金はなるべく借り入れせずキャッシュフローを改善し、自己資金で改装工事を少しずつ手掛け、お風呂などは手作りで、湯量に応じた容積とし、お客様がいかにくつろいでご入浴いただけるか、他の旅館さんの浴場を参考にし自ら設計しましたそうです。材料の岩石は自前の山から重機を借りて運び、豊富とはいえませんが、硫化水素漂う単純泉で泉質が良い高温度の源泉がありましたから、それを有効に活用できるように工夫したそうです。
 首都圏のエージェントへの営業も活発に行いましたが、以前の悪影響か殆んどが門前払いだったそうです。「サービスが悪いから」「景色が悪いから」「設備が悪いから」「料理が悪いから」。要するに「クレームが多いから送客しません」ということです。それでも、粘り強く、しつこく通いました。浅草、有楽町、渋谷、銀座、日本橋、上野、池袋、横浜、千葉、大宮の各旅行会社営業所に義母も同行し、無我夢中で営業活動に励んだようです。営業車にパンフレット手土産を満載し一軒一軒廻り、弱点をを克服するために、誘客に合わせ勉強もさせてもらいました。田舎から通い詰める父や母を追い返さなくなったのです。一組のお客様をきっかけに次々と送客してくれるようになりました。
 一人一人のお客様を大切にし、痒いところに手が届くようなサービスを手がけ、一年に一度お越しいただいていたお客様が、半年、一ヶ月、毎週末とご宿泊戴くようになりました。また旅行社にもお客様から感謝の手紙や電話が届き、社用プライベートいずれを問わず、私どもの旅館をご指名下さる様になり、お蔭様で自由自在に集客できるようになりました。
 腕の良い料理長のスカウト、売り上げを上げることが得意な仲居、東京営業所の立て直し、仕入れの細分化、安定した資金繰り、人材の適材適所への配分など、今で言う「アナログ」方式でしたが、旅館の建て直しを図り、私が嫁ぐ頃には、経営が安定し地域一番の繁盛店に仕上げる事が出来ました。
 やがて旅館の立て直しが、取引銀行やエージェント様、取引業者様の口コミで、再生成功事例として同業の方を中心として広がっていきました。新婚旅行を兼ねて、全国の旅館の後継者や銀行の方々が、義父に相談に来る様なケースが増えてまいりました。
 後継者不足に悩む旅館ホテルの社長、残念ながら志半ばで閉業する旅館ホテルの女将さん、自然災害で再開できない旅館ホテル経営者、バブル崩壊で債権者に追われる旅館ホテル家族一家、最近では旅館ホテル耐震診断の結果莫大な費用が発生し耐震補強が出来ずに悩む旅館ホテルオーナー、そのような方々のお気持ちは、自らも経験してきたため、痛いくらいに気持ちがわかります。
 また、旅館ホテルを新規で開業したいという経営者や独立希望者の方々との接触で、私共も新鮮な空気を頂いております。
 旅館ホテルの売買や賃貸を通して、旅館ホテルの再生、雇用の安定、地域の皆様をはじめとする出入り業者様達の発展を願っております。
 
 少々「おせっかい」かも知れませんが、皆様の繁栄を願うからこそ真剣に取り組むのです。
 これからも皆様の良きパートナーとして誠心誠意尽くしてまいりますので、宜しくお願い致します。
 以上乱文ではございましたが、挨拶とさせていただきます。


 有限会社丸京
代表取締役 沼 尾 佳 乃

INDEX
旅館ホテルビジネスの投資チャンス
代表者ごあいさつ
丸京の特徴
スピーディーな旅館買取購入
よくある質問
主な実績(旅館ホテルの査定・調査)
主な実績(旅館ホテル売却のお手伝い)
主な実績(旅館ホテル購入のお手伝い)
主な実績(不良債権処理と担保価値の向上策)
お取引やご依頼をお断りするケース