BLOG

今こそ政治力を

[2016-04-18]

温泉ソムリエマスター、
温泉観光士のマサです。

この度の熊本地震で被災された方々及びその関係者の方々を想うと、
本当に心が痛みます。

熊本には多くの友人がいます。
また九州にはかつて取引頂いたお客様、親族もいます。

電気などのライフラインはどうなんだろう、
食料はどうなんだろう、
気になって仕方ありません。

何もできなくてごめんなさい。

あの東日本大震災で、
私が住む東京も物資不足で大変なものでしたが、
地震による津波、原発で被害が合われた方に比べれば、
物資不足は大したことありませんでした。

その様な状況の中、
熊本の友人や取引先の方、
親族の方々が何のお願いをしていないにも関わらず、
食料、水、乾電池、生理用品などを沢山送っていただきました。

本当にありがたかったです。
親切って良いものだとつくづく思ったものです。
恩を決して忘れておりません。

親切を親切でお返ししたく、
私は家内と家中で優先して保存しなけらばならない以外の物資を、
道路状況を確認し行けるところまで届けようと、
茨城県と千葉県の被災地にワゴン車満載で届けさせて頂きました。

服、毛布、灯油、カセットガス、飯ごう、米、野菜、みそ、鍋、水など、不要不急の物資です。

お受け取りになられた役場職員の疲弊したお顔に、
滴が垂れた瞬間を今でも目に焼き付いています。

それが縁でその職員の方とは今でも個人的にお付き合いさせて頂いてますが、
感謝の気持ちということで、
自らの畑で採れた野菜やコメなどを頂いております。

茨城人の義理堅さ、優しさ、素晴らしいものです。


昨日日曜日に仕事で東北道を使用し、
帰りがけの上り線で災害救助隊の看板を掲げた自衛隊の方々の車両が多く連ねてました。

岩手から九州まで救助に向かわれるのでしょう。

私たちが熊本に応援に行けない中、自衛隊の方々に頑張って頂いております。
頭が上がりません。ありがとうございます。


さて、ホテル旅館は観光客やビジネス客を御泊めする以外に、
公共的な要素も含むと従来から考えておりました。

公共的であれば、
役場、学校、体育館などと共に被災者受け入れをお願いしたいですが、
すべての施設で受け入れ可能という状態ではないのです。
耐震補強をしていない施設、
危険区域内にある施設は受け入れが困難であるでしょう。

旅館ホテルの耐震補強が進まないのは、
その補強費用の捻出が困難であるからです。

耐震化補強工事費用の助成金については、
国や地方自治体によって補助率が異なり、
事業者負担が多くあることには変わりありません。

耐震化工事の補助率を向上し耐震施設を増やし、
災害発生時にはホテルや旅館を国または自治体が緊急的に借り上げるべきです。

被災者の安全と食糧確保の為、
キャンセルで苦しむホテル旅館の為です。

それを実行するには、政治力が必要です。

「自分が責任をもつから即実行せよ」という強引な手法は、
ある意味ワンマンで傲慢かもしれませんが、
被災して苦しむ方々の気持ちを察すれば、
行動しないよりもまずは行動でしょう。

政治は国民の安全を確保するために実行するものです。

是非被災者を一分一秒でも早く非難して頂きたい。

そんな気持ちで一杯です。

是非政治家の方々、
自らを後回しにして被災者第一で即行動してください。

みなさんの力を熊本に結集してください。

最後になりますが、熊本のみなさん頑張って下さい。


※今回思ったことを素直に書きましたので、乱文をご容赦下さい。

ARCHIVE
2018年(35件)
2017年(14件)
2016年(13件)
2015年(58件)
2014年(3件)
2013年(7件)
2012年(9件)