BLOG

8月の宿泊者数が過去最高(観光宿泊旅行統計調査・10月30日発表)

[2015-11-09]

温泉ソムリエマスター、
温泉観光士の 沼尾柾志 です。

観光庁が10月30日に発表した宿泊統計調査の結果、
今年の8月の延べ宿泊者数が2007年の統計調査以来、
月間の最高値を記録したそうです。

内訳は日本人は微増で、
外国人が約6割増です。

客室稼働率は旅館、リゾートホテル、シティーホテル、ビジネスホテル、簡易宿泊所、企業団体の宿泊所などを含め、全国平均で70.2%でした。

前年同月比で伸び率が高い都道府県は、
富山県、奈良県、三重県、宮崎県、香川県、新潟県、京都府、大分県、茨城県、佐賀県、長崎県で、二ケタ以上の伸び率を記録しました。

気象要件など、
各地域にバラツキはありますが、
政府のインバウンド対策は成功しており、
観光業界にとってチャンスであります。

この伸びを一時のバブルとしない為に、
引き続き政府による強力な後押しと、
地方や民間においては魅力あふれる地域を作り、
外国人観光客が飽きないサービスの提供を続けていかなければなりません。

余談ですが、
1年で一度でも一泊余分にご宿泊頂けるだけで、
地方活性化が出来ますので、
ご協力いただければ幸いです。

ARCHIVE
2023年(14件)
2022年(7件)
2021年(21件)
2020年(8件)
2019年(3件)
2018年(5件)
2017年(5件)
2016年(4件)
2015年(6件)
2014年(1件)